気になる痛みを見直す

現代人の胃が痛む原因

医者

現代人が日常的によく胃が痛いと訴えているのを見かけますが、その多くは神経の使い過ぎが原因で起きていることだと言えます。 今の世の中の人はしなくてもよい心配をしてみたり、考えすぎるということが多くあります。 そんな毎日が続いていますと体にも良い影響は与えず、心身のバランスを乱すことになります。 私たちの大切な部分として機能している自律神経の働きが乱れますと、体の各組織にうまく指令が送れなくなるため調子を悪くするといったことが起きてくるのです。 そのことは胃の部分にもあてはまり、調子を悪くした胃は痛みやもたれを感じるようになるのです。 したがって、自律神経と胃の働きは密接に関わっているということが言えてきます。

ストレス性胃腸炎は神経の使い過ぎで起こる

現代人の胃の痛みの多くはストレスによって起きていると言い、そのことからストレス性胃腸炎だと診断されることがほとんどです。 実際に胃の調子が悪いと、病院を受診しても胃に病変がないことがわかってきます。 それだけにストレス性胃腸炎の治療をしていくうえでは、病状がよくなったり悪くなったりということを繰り返しますから完治をすることがなかなか難しくなってくるのです。 普段の生活の中において神経を使い過ぎず、ゆったりと過ごしていくことが一番良い解決法なのですが本人の性格や性質は、簡単に変えられるものではありませんのでストレス性胃腸炎の治療は困難とされるのです。 ストレス性胃腸炎を訴える人のほとんどは常に薬が欠かせず、常備薬として持っておくようにしているのです。